やっぱり仕出し弁当はごはんが命ですよね

都内に限らず、大都市圏にある多くのビジネス街では、いわゆる「仕出し弁当」をお昼ご飯にしている人が相当数存在しています。この傾向は特に男性に強く、独身者では一ヶ月丸々お昼が仕出し弁当だったという人もいるほどです。

仙台 仕出し

されに、最近では一つの地域に5・6件のお弁当屋が営業を掛けていることもあり、それぞれが個性を前面に打ち出したメニューを抵抗しています。例えば、「仕出し弁当はごはんが命です」というご飯の品質こだわり派向けなら、新潟のコシヒカリなどの高品質で有名なお米を使った幕の内弁当が、また、「お昼とは言え、午後に向けてがっつりとお肉を食べたいですね」という肉食派に向けては、美味しい和牛を使ったサーロインステーキ弁当などが開発されています。

ミッションデリバリーサガッシュ! - 注文簡単 謎解き難関 宝探し販売中!

こういった弁当屋のメニューの個性化は、仕出しに限らず、全国展開をしている大手チェーン店にも見ることができ、現代におけるニーズの多様化が大きく影響していることが感じられます。この流れは2010年台に入ってから広くコンビニエンスストアにまで波及しており、男性・女性向けを代表として、ヘルシー嗜好や若者向けなど、数えきれないくらいの多様なメニューを生み出す原動力になってきたのです。

関西よつ葉連絡会ホームデリバリー京滋(宇治センター)

このように仕出し弁当は、ある意味で日本のお昼ごはんの一翼を担いつつ、ビジネスマンたちの多様な好みに応え、またそれがコンビニ業界にまで影響を及ぼしてきたと言うことが可能です。そして、今後もこの流れは継続していくことが予想されています。